国事に関する行為の委任について (平成6年内閣告示第3号)

提供: Wikisource
移動: 案内検索

国事に関する行為の委任について(こくじにかんするこういのいにんについて)

  • 委任: 平成6年内閣告示第3号(平成6年9月30日公布)
  • 解除: 平成6年内閣告示第4号(平成6年10月14日公布)

宮内庁告示[編集]

天皇皇后両陛下は、フランス国及びスペイン国を御訪問等になる件
○宮内庁告示第九号

天皇皇后両陛下は、十月二日大阪御発、フランス国及びスペイン国を御訪問、ドイツ国にお立ち寄りになり、同月十四日御帰国になる。

平成六年九月十二日

宮内庁長官  藤森  昭一

内閣告示[編集]

国事に関する行為の委任について
○内閣告示第三号

天皇陛下は、この度の外国御旅行の間、日本国憲法第四条第二項及び国事行為の臨時代行に関する法律第二条第一項の規定に基づき、国事に関する行為を皇太子徳仁親王殿下に委任して臨時に代行させることとされた。

平成六年九月三十日

内閣総理大臣  村山  富市

国事に関する行為の委任の解除について
○内閣告示第四号

天皇陛下は、外国御旅行を終え御帰国になったので、皇太子徳仁親王殿下に対する国事に関する行為の委任は解除された。

平成六年十月十四日

内閣総理大臣  村山  富市

関連項目[編集]