マタイ伝福音書-第四章 (文語訳)

提供: Wikisource
移動: 案内検索

<マタイ伝福音書 (文語訳)

1こゝにイエス御靈みたまによりて荒野あらのみちびかれたまふ、惡魔あくまこゝろみられんとるなり。 2四十日しじふにち四十夜しじふや斷食だんじきして、のちゑたまふ。 3こゝろむるものきたりてふ『なんぢかみならば、めいじて此等これらいしをパンとらしめよ』 4こたへてたまふ『「ひとくるはパンのみにるにあらず、かみくちよりづるすべてのことばる」としるされたり』 5ここに惡魔あくまイエスをせいなるみやこにつれゆき、みや頂上いたゞきたせて6『なんぢかみならばおのしたげよ。それは「なんぢのため御使みつかひたちにめいたまはん。かれにてなんぢさゝへ、そのあしいしにうちつることなからしめん」としるされたるなり』 7イエスひたまふ『「しゆなるなんぢかみこゝろむべからず」と、またしるされたり』 8惡魔あくままたイエスを最高いとたかやまにつれゆき、のもろもろのくにと、その榮華えいぐわとをしめして9『なんぢ平伏ひれふしてわれはいせば、此等これらみななんぢにあたへん』 10こゝにイエスたまふ『サタンよ、退しりぞけ「しゆなるなんぢかみはいし、ただこれにのみつかまつるべし」としるされたるなり』 11ここに惡魔あくまはなり、よ、御使みつかひたちきたつかへぬ。

12イエス、ヨハネのとらはれしことをききて、ガリラヤに退しりぞき、 13のちナザレをりて、ゼブロンとナフタリとのさかひなる海邊うみべのカペナウムにいたりてたまふ。 14これは預言者よげんしやイザヤによりてはれたることば成就じやうじゆせんためなり。いは15『ゼブロンの、ナフタリのうみほとり、ヨルダンの彼方かなた異邦人いはうじんのガリラヤ、 16くらきするたみは、おほいなるひかりかげとにするものに、ひかりのぼれり』

17このときよりイエスをしへべはじめてたまふ『なんぢら悔改くいあらためよ、天國てんこくちかづきたり』

18かくて、ガリラヤの海邊うみべをあゆみて、二人ふたり兄弟きやうだい、ペテロといふシモンと、その兄弟きやうだいアンデレとが、うみ網打あみうちをるを見給みたまふ、かれらは漁人すなどりびとなり。 19これにひたまふ『われしたがひきたれ、らばなんぢらをひとすなどものとなさん』 20かれらたゞちにあみをすててしたがふ。 21さらすゝみゆきて、またふたりの兄弟きやうだい、ゼベダイのヤコブと、その兄弟きやうだいヨハネとが、ちゝゼベダイとともにふねにありてあみつくろひをるをたまへば、 22たゞちにふねちゝとをきてしたがふ。

23イエスあまねくガリラヤをめぐり、會堂くわいだうにてをしへをなし、御國みくに福音ふくいんべつたへ、たみうちのもろもろのやまひ、もろもろの疾患わづらひをいやしたまふ。 24そのうはさあまねくシリヤにひろまり、人々ひと〴〵すべてのなやめるもの、すなはちさまざまのやまひ苦痛くるしみとにかゝれるもの、惡鬼あくきかれたるもの、癲癇てんかんおよび中風ちゆうぶものなどをきたりたれば、イエスこれいやしたまふ。 25ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤおよびヨルダンの彼方かなたより、おほいなる群衆ぐんじゆうきたりしたがへり。