マタイ伝福音書-第三章 (文語訳)

提供: Wikisource
移動: 案内検索

<マタイ伝福音書 (文語訳)

1そのころバプテスマのヨハネきたり、ユダヤの荒野あらのにてをしへべて2『なんぢら悔改くいあらためよ、天國てんこくちかづきたり』 3これ預言者よげんしやイザヤによりて、はれしひとなり。いはく『荒野あらのよばはるものこゑす「しゆみちそなへ、そのみちすぢをなほくせよ」』 4このヨハネは駱駝らくだ毛織衣けおりごろもをまとひ、こしかはおびをしめ、いなご野蜜のみつとをしよくとせり。 5こゝにエルサレムおよびユダヤ全國ぜんこくまたヨルダンのほとりなる全地方ぜんちはう人々ひとびと、ヨハネのもとできたり、 6つみあらはし、ヨルダンがはにてバプテスマをけたり。 7ヨハネ、パリサイびとおよびサドカイびとのバプテスマをけんとて、おほきたるをて、かれらにふ『まむしすゑよ、なんぢらに、きたらんとする御怒みいかりくべきことしめしたるぞ。 8さらば悔改くいあらため相應ふさはしきむすべ。 9なんぢら「われらのちゝにアブラハムあり」とこゝろのうちにはんとおもふな。われなんぢらにぐ、かみこれらのいしよりアブラハムのらをおこ得給えたまふなり。 10をのははやかる。さればすべむすばぬは、られてれらるべし。 11われなんぢらの悔改くいあらためのために、みづにてバプテスマをほどこす。されどわれよりのちにきたるものは、われよりも能力ちからあり、われはそのくつをとるにもらず、かれ聖靈せいれいとにてなんぢらにバプテスマをほどこさん。 12にはちて禾塲うちばをきよめ、そのむぎくらをさめ、からえぬにてきつくさん』

13こゝにイエス、ヨハネにバプテスマをけんとて、ガリラヤよりヨルダンにきたたまふ。 14ヨハネこれとゞめんとしてふ『われはなんぢにバプテスマをくべきものなるに、かへつてわれきたたまふか』 15イエスこたへてひたまふ『いまゆるせ、われらたゞしきことをことごとく爲遂しとぐるは、當然たうぜんなり』ヨハネすなはゆるせり。 16イエス、バプテスマをけてたゞちにみづよりあがたまひしとき、よ、てんひらけ、かみ御靈みたまの、鴿はとのごとくくだりておのうへにきたるを見給みたまふ。 17またてんよりこゑあり、いはく『これはいつくしむ、わがよろこものなり』