ジョージ・ワシントンの第2回大統領就任演説

提供: Wikisource
移動: 案内検索

ジョージ・ワシントンの第1回大統領就任演説

ジョン・アダムズの大統領就任演説

ジョージ・ワシントンの第2回大統領就任演説
作者:ジョージ・ワシントン

以下は、1793年3月4日に、アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンが行った演説である。135語からなるこの演説は、米国史上最も短い大統領就任演説であった。

同胞諸君よ。

私は国民の声によって、大統領職の遂行を再び求められた。適切な時期が訪れれば、この大いなる栄誉の、そして米国民が私に寄せてきた信頼の高い意義を示すよう努める所存である。

憲法は大統領に対し、如何なる公務よりも先に就任宣誓を行うよう求めている。私が今まさに諸君の眼前で行わんとしている宣誓。任期中、その命令を積極的に、または故意に破った事例が見付かったならば、私は(憲法上の処罰を受けるのみならず)この厳粛な式典を只今見ている諸君全員の批判を受けるであろう。