イソップ童話集/鹿

提供: Wikisource
移動: 案内検索
一ぴきの鹿がびょうきになって、じぶんのすみかで、しずかにやすんでおりますと、これをきいた大ぜいの仲間が、いれかわりたちかわり、みまいにやって来ては、まくらもとで、べちゃくちゃしゃべりちらしたあげく、ねている鹿のたべものを、みんなでえんりょもなく、たべつくしてしまいました。
それでこの鹿は、びょうきでは死なずに、うえて、しんでしまいました。